Home サイトマップ
東京慈恵会医科大学 外科学講座
慈恵医大外科の紹介 外科の病気 疾患グループ 研修医レジデンス

HOME > 東京慈恵医大外科の紹介 > ご挨拶

「東京慈恵会医科大学外科学講座のご紹介」
東京慈恵会医科大学外科学講座 
大木 隆生 

略歴 ≫ 

大木隆生

東京慈恵会医科大学外科学講座ホームページへようこそ。

東京慈恵会医科大学外科学講座 統括責任者・教授の大木隆生です。血管外科を専門にしております。
慈恵医大外科は日本でも数少ない大講座制をとっており、医局員は総勢約200人と大所帯です。この日本有数の医局員数により、明るく活気ある雰囲気が生まれ、それが当科の最大の特徴となっています。

われわれは、普段専門性の高い医療を提供しておりますが、大講座制のメリットにより複数の異なる臓器の外科治療が必要な患者さんにも対応することが可能です。
各専門分野には、消化管外科(上部消化管、下部消化管)、肝胆膵外科、呼吸器外科、乳腺外科、血管外科、小児外科があります。関連病院も含めた年間の手術件数は約12,000件に及びます。専門分野によっては、本邦一の症例数を誇る部署や、いくつも本邦初の手術を施行した部署もあります。治療方針は、基本的には各科のカンファレンスと全科合同カンファレンスで決められます。

慈恵医大外科のモットーは、まず第一に確かな技術と経験に裏打ちされた安全性の高い医療を提供することです。さらに、可能な場合は低侵襲な手術を行い、早期に社会復帰できるように心がけています。また、伝統的にアットホームな雰囲気もあり、患者さんに慈恵医大の外科に来て本当に良かったと思っていただけるよう努力しています。

また、最新のテクノロジーもいち早く導入しており、呼吸器外科、血管外科ではLive surgeryを中心とした医療者向けのシンポジウムも積極的に主催し、他施設への技術発信も行っております。

その他、研究や学会活動、レジデント・研修医・医学生への教育にも力をいれています。また、我々自身の気持ちが充実していなければ、良い医療を施す事はできないという思いから、月曜日に仕事が始まるのが待ち遠しいと思えるような医局の雰囲気作りを心がけています。
このホームページで私たちの医療を理解していただければ幸いです。

↑Page top