HOME > 疾患グループ > 血管外科 > 腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤とは 慈恵医大外科での治療と成績

東京慈恵会医科大学での治療

術式について

血圧を下げる等の内科的治療はほとんど効果なく、外科治療が中心となります。外科治療には、従来から行われているお腹を開いて行う「人工血管置換術」か、新しい血管内治療である「ステントグラフト手術」があります。

「人工血管置換術」は、お腹を30cm程切開して大動脈の血流を一時的に遮断して、瘤の部分を人工血管で置き換える手術です。治療法としてほぼ確立しており、本邦での死亡率は1〜3%台と手術成績も安定しています。しかし、開腹するために体への負担が大きいことや、全身麻酔をかけなければならないこと、また将来の腸閉塞や性機能障害などの合併症に危険性もあります。心臓や肺に過度の負担がかかるため、高齢の方や合併症の多い方は手術リスクが非常に高くなります。また、全身麻酔をかけれない方は治療が受けられないというデメリットがあります。

それに対して「ステントグラフト手術」は、足の動脈(大腿動脈)から小さく折りたたんだステント付きの人工血管を大動脈の中に挿入し、レントゲン透視装置下で瘤の位置に留置固定する術式です。足の付け根を数mmから数cm切開するだけで行えるため、全身麻酔をかけられないような合併症の多い患者さんにも、局所麻酔あるいは背中の麻酔(硬膜外麻酔や脊椎麻酔)下で行えます。痛みが少なく入院期間が短くてすむのが特徴です。「人工血管置換術」では約2,3週間の入院期間を要していましたが、「ステントグラフト手術」では3,4日で退院が可能です。また、開腹しないので、手術リスクの高い高齢の方にとっては特に有用です。

慈恵医大血管外科では、大木教授のもと腹部大動脈瘤ステントグラフト手術を特に専門としており、数多くの手術を行っております。血管外科専用の手術室、正確な動脈直径計測を可能にするコンピューターを備えており、他施設のステントグラフト手術実施についてアドバイスも行っています。
ステントグラフト手術についてご不明な点がありましたら、慈恵医大外科(血管外科)外来までご相談ください。

腹部大動脈瘤用のEXCLUDERステントあるいはZenithステントとは

これらの器具は、日本で薬事承認を受けた正式のステントグラフトです。EXCLUDERステントの材質はPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)とニチノール(ニッケルとチタンの合金)ステントです。Zenithステントはダクロンとステインレスの組み合わせです。

EXCLUDERステント

術前

術後


Zenithステント

術前

術後


↑

東京慈恵会医科大学血管外科の特色

東京慈恵会医科大学血管外科では、現在日本で数少ないステントグラフトの指導医を7人有しており、動脈瘤に対して積極的にステントグラフト留置術を行っています。

ステントグラフト治療を正確に行うには、厳格な症例選択、正確な動脈径の計測、熟達したテクニックが必要となります。

当科では、画像処理ソフトウェアを実装した画像処理ワークステーションを用いて、正確な動脈のサイズ測定を行っています。

手術室には最先端のX線透視装置を備えた専用手術室を持ち、並列手術にも対応可能です。また、医師のみでなく、看護師、技師も血管外科手術専属の者が配属され、血管外科チームとして治療にあたります。


↑

当科での成績

過去49ヶ月(2006年7月〜2010年7月)の成績です。

腹部大動脈瘤(待機手術)

ステントグラフト内挿術:704 例

死亡: 2例(0.3%)

合併症

  • 脳梗塞:1例(0.1%)
  • 心筋梗塞:1例(0.1%)
  • ステントグラフトの脚閉塞:5例(0.7%)
  • 虚血性腸炎:4例(0.6%)
  • 末梢のシャワー塞栓症:4例(0.6%)
  • コレステリン塞栓症:2例(0.3%)

開腹・後腹膜経路手術:89例

手術死亡:0

合併症

  • 心不全:1例(1.1%)
  • 肝不全:1例(1.1%)
  • 下肢コンパートメント症候群:2例(2.2%)
  • 下肢不全麻痺:1例(1.1%)
  • 腸閉塞:1例(1.1%)
腹部大動脈瘤(破裂)

ステントグラフト内挿術:13例

手術死亡:1例(7.7%)

合併症

  • 多臓器不全:1例(7.7%)

開腹・後腹膜経路手術:12例

手術死亡:1例(8.3%)

合併症

  • 出血性ショック:1例(8.3%)
  • 腎不全:1例 (8.3%)